パーツ別に美容整形の施術方法をご紹介しちゃいます!

目は口ほどに物を言う

美容整形と言えば、二重に整形と言っても過言ではありません。目は口ほどに物を言うと言いますが、目元が変わるだけで、顔の印象は大きく変わります。日本人を初めとする東洋人は、一重の人が多いです。そのため西洋人に憧れて、パッチリと大きい目を手に入れるために整形をする人が多いです。目を大きくする方法は、埋没法や全切開などの二重を作る施術から、目頭や目尻を切開して目の幅を広くして大きく見せる方法などがあります。

顔の中心にあるため目立つ鼻

鼻は、目と同じくらい重要なパーツです。なぜなら、顔の中心にあるため目がいきやすいということと、鼻の形や高さなどによって顔全体のバランスが決まるからです。鼻の施術は主に、鼻の高さを調整するものと鼻先の形を整えるものがあります。一般的には、低い鼻をプロテーゼなどを挿入して高く見せることが多いです。中には、鷲鼻などで鼻が高すぎるのを嫌って低くする人もいます。鼻先は、だんご鼻などで小鼻が大きく見える場合に、小鼻縮小などを行い小さく見せる方法などがあります。

輪郭は家で言う土台です

パーツが整っているのに、輪郭が整っていないせいで美しく見えないことがありますよね。輪郭は家でいう土台のようなものです。土台がしっかりしていないと、上に家を建てても崩れてしまいます。日本人は、あごが引っ込んでいる場合が多く、横から見たときにEラインが出来にくいです。Eラインが出来ていると美しく見えます。そのため、輪郭を整える方法はあごにプロテーゼを挿入する施術や、エラや頬骨を削る施術などがあります。またボトックス注射と言って、筋肉の発達を抑えてエラを小さくし、小顔に見せるプチ整形もあるのです。

クリトリス包茎はデリケートな悩みなので、一人で抱え込んでしまいがちです。美容外科で適切な処置を受ければ、悩みからは解放されます。一人で抱え込まずに美容外科に相談してましょう。