フックの活用法に様々な方法があり便利に使う

キッチンでの収納に活用

S字フックの片方を引っ掛けて、もう片方をすのこに引っ掛けて吊り下げます。そこにおたま等のキッチン道具をかける事が出来て、空間を有効的に活用可能です。扉の内側デットスペースを活用する方法は、扉にS字フックを引っ掛ける事で空間を利用出来ます。ゴミ袋を挟んだダブルクリップを吊るすと、ゴミ袋が取り出しやすくなります。マグカップ等はS字フックを活用すると、取り出しやすくもなり見た目もお洒落に収納出来るのです。

清潔に保つようにする

おもちゃを収納するためのカゴは、カビやヌメリが気になったりします。ステンレスのカゴにおもちゃを入れて、S字フックで吊るすと清潔にカゴを保つ事が可能です。子どもが使用するものになるため、清潔さは大切です。S字フックを吊るしてバス用品を掛けると、通気性が良くなりカビ防止にもなります。バス用品を吊るしてあると掃除をする時に掃除がしやすくもなり、使用する時にも使いやすくも出来ます。バス用品だけではなく、掃除用品も一緒に吊るしておく事も良いです。

キッチンをお洒落に見せる

カゴはお洒落なため、いくつか持っている人もいると思います。カゴを収納するとかさばってしまい、収納しにくいはずです。S字フックを活用する事で、ディスプレイを兼ねて吊るす事が可能です。見た目もお洒落に見せる事が、収納で完成出来ます。キッチン用品で統一感があるものを吊るすと、カフェキッチン風になります。殺風景なキッチンも、見た目がお洒落になります。使う物が使う場所に収納がされていると、使い勝手も良くなり便利です。

フックを選ぶ際に重要なのはどれくらいの重さのものをつるすかを確認しておくことです。軽いなら100円ショップに売っているものでも大丈夫ですし、重いならそれ相応のきちんとしたものを買う必要があります。